大負け6月と半期の大反省会!

( ノ゚Д゚)こんにちはYです。

いよいよ7月となりました!
なので今年も早くも半年過ぎましたが、株式投資の成績は皆様いかがでしょうか?

Yは半年で139万のプラスでした。(税引き後です)
これを見るとプラスだからいいじゃんとか思う方もいらっしゃるかと思いますが、これでは生活を維持ができないんです。

独身で実家暮らしならギリギリやっていけるかもしれませんが、夫婦2人で部屋を借りて来年この位しかプラスにできないようならかなり厳しい生活が待っております。

Yはカップ麺が大好きな庶民派なのですが、嫁はプリンセスに憧れるインスタグラムの世界に住む住人ですからこの稼ぎではやっていけません。

下半期は月間で負ける事が許されない状況となりました。
このような状況になってしまったのも6月の大不振からなのですが…

6月の結果がー72万です。
こんなにマイナスになると生活が不安になります。(/ω\)

昔は収支をつけてなかったので、なんとなく今月はえらくやられたなとか思っていたのですが、このように毎日収支をつけていると2倍の罪悪感が残ります。

そして、やらなければ良かったとかタラレバな事ばかりが頭の中に浮かびますが、ただ来年に向けておおきな課題が見えてきました。

逆に貴重な体験ができたのではとも思います。
今日は7月の勝利に向けてしっかりと反省したいと思います。

スポンサーリンク

6月の成績結果と大負けポイント!

まずは恒例の勝敗ですが、ななななななんと!

22日営業日で 12勝7敗3引き分けです!

お~勝率がめっちゃ下がっとるやんけ…:(;゙゚’ω゚’):
でも一応勝ち越しているんだな…

なのになぜこんなに負けたのでしょうか?
理由はわかってます。

コツコツ、ドカーン!ドキューン!ドゴーン!!!!!って感じでした。
わかりにくいですね…

でかい負けが3つほどありました。
それが9日ー41万、14日ー24万、23日ー24万です。

この3日間で89万もマイナスしてます。
この3日間がなければ一応プラスという事になります。

3日間とも共通の原因があります。
それは1銘柄でやられていると言う事です。
銘柄に執着したり、銘柄に惚れたりしてしまっているのが原因です。

もう少し細かく掘り下げたいと思います。

一番大きな負けはエムアップです。

今月は前半にエムアップにボコボコにされました。

事の始まりはエムアップ社長が株式を売った事で急に売りが殺到し、まさかのストップ安となりました。

Yはこの内容を軽視してました。
社長が少し売った位でそんなに下げないでしょ?

これが甘い判断でした。
ストップ安はほんの一瞬だけ剥がれましたが、すぐに強烈に張り付きました。
普通は人気株が張り付いたら何度か剥がれてから張り付きますよね。

それがなくあっという間に貼り付けられました。
ここで感覚が麻痺してしまいました。

数日前に4200円をつけた銘柄です。
ストップ安の3000円は安くない?

もし明日も下がるならチャンスじゃね?
なんて考えてしまいました。

これは数字マジックに完全にハマってます。
数ヶ月前は1000円以下の株だったのに一度暴騰するとそれが適正株価だと思ってしまいます。

本当にバカですね…
高値を覚えている為に損切りする事ができなくなりました。
そして、Yが参戦してから5日間連続で下げました。

高値4200円から6営業日であっという間に半値の2100円位まで下がりました。
常識的にはありえないですよね。

ですが株に絶対ないのです。
みんなが想像しない方へ動くのです。

結局、最初に買った分は2100円台で損切り致しましたが、またその間に何度も入っては損切りを繰り返しました。

これは負けこんでいる銘柄で無理矢理取り戻そうとしていたのです。
これだけ焦れば後はおもちゃのように扱われボコボコにされます。

結局長い時間を費やした上、エムアップだけでやられた金額は測りしれないです。
Yが損切った事でその後は上がると思ったのですが、世の中は甘くないですね…

今はYの損切った株価よりも低く推移してます。
結局、月末まで持っていたらさらに時間とお金を減らしてしまう所でした。

この結果からわかるように損切り判断を早くするしかないです。
ストップ安になるような銘柄が次の日反発するなんてかなり可能性が薄いです。

もし次の日に反発するなら、何度か寄り付いて株を集める人がいますよね。
それがなかった時点で気がつくべきでした。

なので一度ストップ安になった銘柄はすぐに損切りする事に致しました。

不運にあったリバーエレテック!

投資の世界は実力だけでなく運もあります。

リバーエレテックは最初はデイトレでうまくいったので調子に乗ってしまいました。

値動きが良かったので再度イン致しました。
そうするとイメージとは違う動きになってしまいました。

そうすると安易にナンピンをしてしまいました。
イメージと違うなら一度撤退してもよいのですが、何も考えないでナンピンをしてしまいます。

そうすると上がっては下げを繰り返し、同値撤退のチャンスがあるのに欲張って含み損を拡大致しました。

心理的にエムアップの大負けもあったのでしょう。
取り返してやろうなんて考えて判断が鈍りました。

それでも、引けピンの日があり翌日に期待と思ったのですがまさかの増し担保になり、しかも今回リバーエレテックが上げていた材料と類似するIRを大真空が出してしまいました。

世界最小を競う内容だったのですが大真空の方が若干小さかったです。
これはやってしまいました。

翌日資金は大真空に行ってしまい、リバーエレテックはダダ下がりとなってしまいました。
IRの効果が薄れたらもう買う材料はないですよね…

これで心が折れてしまい損切りー24万と大きな痛手となってしまいました。

対応策は持ち越しをしない事です。
持ち越しは上がる上がると完全に思い込みます。

これはYにとって大きなマイナスと判断致しました。
そして最後は…

銘柄に惚れちまったぜ!エディア♡

Yのブログを何度か読んで頂けると、エディア愛が伝わったと思います。

そして、相性が良かったので4000円以下で仕込んでスイング用としてガチホしていました。
価格も上がって含み益があったので安心と思っていたのですが、新興株が暴落しそれに巻き込まれてしまいました。

そこで取った行動はエディアが好きだからと言う理由で高値で沢山買ってしまい、予想以上に急落した為に損切りさせられた上にスイングの含み益まで飛んで行きました。

これは完全に銘柄に惚れるなと言う格言が当てはまります。
好きだから冷静さを失い沢山買ってしまった。

よく知らない株ならこんな無茶はしなかったです。
安易な行動が全てを失いました。

以上の3つの大負けには非常に似ている事が多いです。
解決するのは簡単です。

たった一つ持ち越しをしないことです。
これで全ては解決できます。

持ち越しについて詳しい事は負けないトレーダーRさんの記事にも沢山書いてました。
よろしければ参考にご覧頂けたらと思います。

コツコツドカンは精神的な原因で起こるものです。しかし、それをあえて物理的に考えることで、直さざるを得ないという気持ちを誘発します。これを読めばコツコツドカンの仕組みを理解していただけると思います。

暴落相場・パニック相場には大きな魅力もあります。やり方によってはバブル相場に近いくらいの利益が出せたりもします。ズレ手法+ベルボトム作戦を使って周りが苦労する中、自分だけ大きな利益をあげてしまいましょう!

7月は持ち越しをしない事をルールに結果はどうなるのか見てみたいと思います。
結果お楽しみに!

本日もお付き合いありがとうございます<(_ _*)>
またお会い致しましょう。